So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
国運と元号 ブログトップ

2019年から新元号へ 新たな国運胎動期に 2017年運勢 [国運と元号]

本ブログを閲覧いただき、ありがとうございます。

「天地人の運勢鑑定」  を主宰している深川宝琉  です。

Houryuukan2017poster0022017年が本格的にスタートしました。

1月12日(木)~1月14日(土)の期間、深川宝琉による「2017年福岡大開運鑑定会」宝琉館六本松本館  行っています。

1月15日(日)、16日(月)午前11時~午後7時の時間帯、深川宝琉による直接鑑定会を西鉄福岡天神駅構内のソラリアステージ2階にある福岡占いの館「  宝琉館」天神店  で行っています。

宝琉館天神店よりも、さらに深くjじっくりと詳細な鑑定を対面で行うことができます。福岡占いの館「宝琉館」  では、新春になって直接鑑定を受けに来る人たちが全国各地から集まってきています。

昨日も広島や島根から、平成時代の若人たちが、わざわざ直接鑑定を受けに熱心に通ってこられました。ありがとうございます。

Houryuu_3小中高校生、大学生、若者から高齢者まで老若男女、様々な課題を持ちながら開運への道を模索している人が多いものです。

昭和50年代、60年代から平成生まれにかけては、恋愛結婚運や適職、仕事運を知りたくて相談するケースが多いですね。30代、40代、50代、60代、70代でそれぞれ、悩みや課題が共通している部分が多いのが特徴です。

直接鑑定を通し、しっかりと自分のライフデザインを描き、大いなる夢の実現に向かって歩き始めましょう。  

 ☆----------☆----------☆---------☆

Heiseitennou1日本の国運が大きく変わろうとしています。

天皇陛下の退位をめぐり、2019年1月1日に皇太子さまが新天皇に即位し、同日から新たな元号とする方向で政府は検討に入りました。

運命学を学べば、日本の国運が大きく変わるのは、元号が変わる時だということがわかります。

国民生活への影響を最小限に抑えるため、元日の改元が望ましいと政府が判断し、想定通り進めば、いまの陛下は18年12月31日に退位し、平成は30年で幕を閉じることになります。

Sinnensanga1私は自分の主宰する運命学スクールで3年ほど前から「平成は元号として33年を超えることができない」と繰り返し話してきました。それは平成天皇の退位に対するお気持ちにも表れていると思います。

このところ、新元号については新聞各紙で1面トップで報じていますが、昨年7月ごろから、すでにNHKの解説報道などを見ると、2020年の東京オリンピックの時から新たな年号となり、新たな時代が始まることを示唆していました。

場合によっては4年以内に年号が変わる可能性があるということを、私はこのブログで昨年7月段階で紹介しています。

Koutaishiいずれにしても、国民生活に配慮と国民生活への影響を最小限に抑えるために新元号は元日からスタートし、事前に公表することが望ましいと政府が判断し、国内主要メディアが報じ始めたということに尽きます。

天皇陛下が天皇の位を生前に皇太子さまに譲る「生前退位」の意向を宮内庁関係者に伝えられて、皇室典範改正が必要とはいえ、政府は皇位継承のあり方などについて検討を重ねている段階です。

日本の国運は天皇家、とくに天皇の運勢と現職総理大臣の運勢で大きく変わっていきます。

Heisei002「平成」という元号は安岡正篤氏が発案者と言われています(1990年に竹下登氏が記者会見で示唆)が、実際は故・山本達郎東京大学名誉教授が名づけ親です。  

新元号候補の勘案は、実に静かに水面下で行われていて、目加田誠九州大学名誉教授、宇野精一東京大学名誉教授、山本達郎東京大学名誉教授の3人に嘱託され、このうち目加田氏が「修文」を、宇野氏が「正化」を提案していました。最終的に決定したのが山本案の「平成」です。

最終案である「平成」「修文」「正化」の他に「文思」「天章」「光昭」などの案も存在したそうです。  

ですから、平成に続く新元号がどうなるか、については、すでに水面下で候補案がいくつかあるはずで、風格と格調の高い元号が誕生することでしょう。

Tennoufamily001「平成」の名前の由来は、『史記』五帝本紀の「内平外成(内平かに外成る)」、『書経』大禹謨の「地平天成(地平かに天成る)」からで「内外、天地とも平和が達成される」という意味です。日本で元号に「成」が付くのは初めて。

江戸時代最末期、「慶応」と改元された際の別案に「平成」があったそうです。

Heiseijidai001陛下は82歳になられ、昨年12月の82歳の誕生日を前にした記者会見で「年齢というものを感じることも多くなり、行事の時に間違えることもありました」と、年齢を重ねることについての考えを述べられていました。

ご健康面では、平成23年に気管支肺炎のため入院、翌24年には心臓のバイパス手術を受けられました。宮内庁は天皇、皇后両陛下の負担軽減のため地方ご訪問の日程を短縮し、一部は皇太子ご夫妻と秋篠宮ご夫妻が引き継がれています。

天皇が崩御前に皇位を退く生前退位は、歴代天皇では生前に譲位を行った例も多く、上皇となって院政を敷いたケースや出家して法皇となったケースもあり、法皇が院政を敷いたこともありました。

Tennoufamilytree001しかし、明治22(1889)年に制定された旧皇室典範と登極令で、皇位継承は天皇の崩御を前提としたため、存命中の退位はできない制度のままとなり、現行の皇室典範もこれを踏襲していていますが、あまりにも在位している天皇には酷な内容です。

今後、日本の国運が大きく変わっていくとすれば、それは元号が変わる時であり、首相が変わる時です。

日本の新時代の地平を切り開く新元号が登場することで日本で運命学に携わる者はそのための準備と心がけをしていく時を迎えています。

今年前半の様々な出来事を通して、反省、教訓を得ると共に、今年後半の羅針盤として前向きに生きていけるポイントを得ることは、とても大切です。

その年の前半、後半でも大きく変わる人もいますね。

その年回りによって大きく変化していくのが人の運命です。

Isehinguu1そこで、「天地人の運勢鑑定」では、「読むだけで覚醒する今年(2017年)後半の運勢」 とのタイトルで今年後半の運勢を読み解いていきます。

東洋占術の核心である干支、ユダヤのカバラ数秘術、西洋占術の核心である支配星座を通し、その年に直面する課題について「読むだけで覚醒する開運の極意と奥義」をアドバイスしていきます。 

東洋と西洋では運命に対する見方、角度が大きく違います。その双方から複眼的に運命に光をあて、その年の開運ポイントを導き出します。

今回、新たにご紹介する「大吉祥!読むだけで覚醒する2017年の運勢(東洋占術と西洋占術)」では、この世で生きる最重要なテーマと課題、持つべき価値観、金銭感覚、友達の増やし方、恋愛必勝法、本来必要なパートナー、成功に導く金運、仕事運などを深く掘り下げて鑑定します。

Fukagawahouryuu1webshou1_5とくに四柱推命、気学、27宿曜占術、紫微斗推命、カバラ数秘術、西洋占星術を通して年運や運勢全体を見ていきます。本当に必要な今後1年間の運勢を東西両洋の深い視点から見つめ直し、明確な目的、目標達成に向けての指針としてください。

※ 鑑定コースは3,000円、5,000円、1万円の各コースがあります。

ご関心のある方は「大吉祥!読むだけで覚醒する2017年の運勢(東洋占術と西洋占術)」をご閲覧ください。

「運勢鑑定お申し込み」 から申し込み可能です。

福岡占いの館「宝琉館」での直接鑑定の素晴らしさ、醍醐味は、まず、手相などを直接鑑定して細かい部分まで見てあげて、より本質的な開運への道を示すことができることです。

ケースバイケースで易を立てることもあり、さらに今後を見通すことができます。

鑑定料金は最初の30分が7000円(鑑定書を準備してご提供します)、その後は30分後に5000円です。

Chikatetunanakumaline001直接対面鑑定が増えてくると、場所を詳細に教えることが多くなります。

全国各地から訪ねてこられる場合が多く、博多駅や福岡空港、天神からのルートを教える必要があります。

鑑定所がある福岡市中央区六本松は七隈線の六本松駅から徒歩3分の場所にあり、便利なのですが、バスで来る場合、六本松行きのバスが天神や博多駅から頻繁に出ていることを知らない方もおられるので、細かく教えてあげることも多いですね。

鑑定所の場所に関する地図は示してあるのですが、あくまでも地下鉄六本松駅からのルート。

Houryukanfukuoka001_2詳細に鑑定所までのルートを以下、示していますので、そちらをご覧になってご来館下さい。地下鉄の駅からのルートは、かなり簡単です。

福岡占いの館「宝琉館」では、本格的な手相(西洋手相と中国手相)や易占、九星気学、算命学、風水、姓名判断などの運命学スクール を行っています。初級や中級、上級講座があり、基本的にマンツーマンで教えていきます。講師と受講者の都合に合わせ、日程を調整しながら着実に教えていて、好評です。時期によっては一泊二日や二泊三日で初級から中級、上級まで一気に受講することも可能です。

カルチャーとして学びたい方、プロの占い師になりたい方、それぞれの意向に合わせて運命学を教えていきますので、興味のある方はお問い合わせ下さい。

  ☆-----★-----☆-----★-----☆-----★----☆

当方では、年間を通じて、吉方位鑑定を相談される方々が多いです。

引っ越し、新築物件への移動、吉方位旅行などご相談内容は様々。

Raban1その年の吉方、凶方だけで悩んでおられる方々もおられ、真剣に悩んでおられるケースが多々あります。

そういう場合は、直接鑑定を受けられるか、メール鑑定を受けることをお薦めします。

直接鑑定を受けて、晴れ晴れとして帰って行かれる方々の姿が印象的です。

実際、鑑定を受けられて解決法を得て、開運されるケースが圧倒的に多く、これが直接鑑定、メール鑑定の醍醐味ですね。

現住所からどちらの方位が良いか。正確な方位を知らなければ、正確な判断はできません。

自分だけで勝手に判断せず、相談されることで解決され、一筋の光明が指す場合があるのです。

相談内容は、非常に多岐に及びますので、それに対応して、いかにわかりやすくアドバイスするかを心がけています。

Poqwerspot1パワースポットを通して開運する方法もあります。

自分だけの開運聖地を見つけ出すこともとても大切です。

方位に悩む人は、自分だけで悩んで、夜も寝られないで、不眠症的になる人もいます。

一人で悩まず、解決方法、対処方法を早く得られる道は、相談することですね。

ただ、悩む人は、意外と細かいことばかりにこだわったり、大切なことではなく、どうでもよいことに神経を使っている場合もあります。

物事の本質をよく知り、そこから解決策を導いていくことが開運の道です。

鑑定を受けたい方は、私の公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」からお申し込み下さい。

☆-----★-----☆-----★-----☆-----★

Toridoshiumareさて、本ブログでは2017年の各えと生まれの運勢をねずみ年(子年)生まれ うし年(丑年)生まれ  とら年(寅年)生まれ  、うさぎ年(卯年)生まれ  たつ年(辰年)生まれへび年(巳年)生まれ うま年(午年)生まれ ひつじ年(未年)生まれ  さる年(申年)生まれ とり年(酉年)生まれ  いぬ年(戌年)生まれ  、いのしし年(亥年) 生まれをそれぞれ詳細に紹介しています(←クリックすると各えとの運勢が閲覧できます)。     

それぞれ一人ひとりの運勢は同じ干支(えと)生まれでも十人十色です。真に

自分の運勢を知りたい場合、公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」「四柱推命」欄「大吉祥! 読むだけで覚醒する2017年の運勢」を本格鑑定できるようにしました。 

Powerspot3その年回りによって大きく変化していくのが人の運命です。 

東洋占術の核心である干支、ユダヤのカバラ数秘術、西洋占術の核心である支配星座を通し、その年に直面する課題について「読むだけで覚醒する開運の極意と奥義」をアドバイスします。

東洋と西洋では運命に対する見方、角度が大きく違います。その双方から複眼的に運命に光をあて、その年の開運ポイントを導き出します。

Suanming001また、引っ越しや吉方位旅行の参考にしたいと思う方や気になる方は、公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」九星気学風水開運聖地のパワースポット選びをご覧下さい。

今回、新たにご紹介する「大吉祥!読むだけで覚醒する2017年の運勢(東洋占術と西洋占術)」 では、この世で生きる最重要なテーマと課題、持つべき価値観、金銭感覚、友達の増やし方、恋愛必勝法、本来必要なパートナー、成功に導く金運、仕事運などを深く掘り下げて鑑定します。  

9star_2とくに四柱推命、気学、27宿曜占術、紫微斗推命、カバラ数秘術、西洋占星術を通して年運や運勢全体を見ていきます。本当に必要な今後1年間の運勢を東西両洋の深い視点から見つめ直し、明確な目的、目標達成に向けての指針としてください。

鑑定コースは3,000円、5,000円、1万円の各コースがあります。大好評で12月から1月の時期は申し込みが殺到します。できるだけ早めに鑑定依頼されることをお薦めします。

本ブログでは、大変好評になっている九星気学で見る2017年(平成29年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい)二黒土星(じこくどせい)三碧木星(さんぺきもくせい)四緑木星(しろくもくせい)五黄土星(ごおうどせい)六白金星(ろっぱくきんせい)七赤金星(しちせききんせい)八白土星(はっぱくどせい)九紫火星(きゅうしかせい)の順で紹介しています。

ご興味のある方は読んでみて下さい。それぞれの星の特徴から見た運気を詳細に説明してあります。

引っ越しや旅行など、本格的な吉方を知るための九星気学風水鑑定は非常に参考になります。さらには2017年の運勢が一体どうなるかを見るには「読むだけで覚醒する2017年の運勢」をお申し込み下さい。

Houryuu_3_2有料鑑定を受けたい方は公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」から鑑定をお申し込み下さい。 

直接鑑定を受けたい場合は、対面鑑定の宝琉館(ほうりゅうかん)へ訪れて下さい。

1月9日(月)午前11時~午後7時の期間、福岡占いの館「宝琉館」天神店で深川宝琉による直接開運鑑定を行っています。

全国各地からご来館されていて、泊まりがけで鑑定を受けられる方も多く、大変熱心です。 1月10日(火)~14日(土)午前11時~午後7時の期間、福岡占いの館「宝琉館」六本松本館で深川宝琉による直接開運鑑定会を行います。   

Houryuukan2017poster001西鉄大牟田線近郊だけでなく、佐賀県、長崎県、大分県、熊本県からも多く来館されています。

引っ越しの吉方位、吉方位旅行、赤ちゃんの名づけ、占いスクール の紹介なども行っています。先着予約優先です。

電話(携帯09034166230 固定電話092-771-8867)あるいはメールで鑑定日時を調整し、予約確認後にご来館ください。

ネットで鑑定を受けたい方は公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」をご覧下さい。

占星術は多種多様にありますが、四柱推命や紫微斗推命、西洋占星術を通して自分の社会的能力、つまり仕事運をじっくり見つめ直す機会とすることは大変有効なことだと思います。

【運命学スクール 宝琉館】

運命学スクール「宝琉館」 館長 深川宝琉 《住所》 福岡市中央区福岡市中央区六本松4-9-35第二吉川興産ビル403

Houryuukanmap100_2

※地下鉄七隈線の六本松駅から徒歩3分。コインパーキングが隣接しています。西鉄「六本松」バス停徒歩1分。

新春を迎え、進学、就職、転職、引っ越し、移転などの季節となってきました。 

占星術は多種多様にありますが、四柱推命や紫微斗推命、西洋占星術を通して自分の社会的能力、つまり仕事運をじっくり見つめ直す機会とすることは大変有効なことだと思います。易占は、自分の進路を見る上でそのものズバリを示します。

300houryumap_2

さらには運命学を学んでみたい方々のために運命学スクール「宝琉館」でさまざまな占いの講座を開講していますので、興味のある方はマンツーマンで講義し、初歩から応用までを指導していきます。  

鑑定予約 ℡090-3416-6230 

宝琉館 ℡&FAX:092-771-8867(携帯電話での予約が確実です)

■直接鑑定は予約者優先です。電話で日時を予約調整後、ご来館下さい。

《ホームページ》 「天地人の運勢鑑定

関心のある方はご覧下さい。

【占い開運館ホウリュウ(宝琉館)のルートマップ】 

Fukuokachikateturute

開運館ホウリュウ(宝琉館)は地下鉄七隈線六本松(ろっぽんまつ)駅から徒歩2分の便利な場所にあります。

福岡市内はもちろん、九州各県や関西、関東、沖縄、東北、北海道からもご来館されていますので、福岡空港や博多駅、西鉄天神駅からのルートをご紹介し、わかりやすくご来館できるようにしています。

博多駅⇒天神駅⇒徒歩で南天神駅⇒六本松駅 

六本松駅は地下鉄七隈(ななくま)線で始発駅の南天神駅から6番目の駅です。

福岡市内であれば地下鉄以外にも西鉄バスで六本松行きで下車。地下鉄六本松駅を目印に徒歩2分で宝琉館に到着できます。

場所がわからない方のために電話で説明することもありましたが、このルートマップを使えば間違うことはありません。 

Ropponmatueki5_2 

Ropponmatueki6_2 

Ropponmatueki7_2 

Ropponmatueki8_2 

Ropponmatueki11_2 

Ropponmatueki12_2 

Ropponmatueki14_2

Ropponmatueki17 

300houryumap_2_2

301horyukanbig

Houryuu014

Houryuu005


タグ:国運と元号
nice!(83)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:占い
国運と元号 ブログトップ